IBCソーラーエナジーについて

大規模な太陽光発電プラントの世界各国における開発

IBCソーラーエナジーは、IBソーラーグループの国際プロジェクト開発部門です。

当社は、ドイツに本社があり、30カ国以上の国で子会社や提携先が業務を行っていることにより、世界でも有数の太陽光発電開発事業者の1つになっています。

当社は、国際プロジェクト開発事業者としてバリューチェーンを向上させ、旧来の施工請負業者としての立場を越えて業務範囲を拡大しています。

IBCソーラーエナジーは、1982年の創設以来、世界各地の15万カ所を超えるシステムで3 GW以上を発電しており、広範にして他に抜きん出た実績を有しております。当社の卓越した経営陣は、マーケティングスキル、経験及び専門知識を組み合わせて世界各国で太陽光プラントを開発し、状況に応じたターンキー・ソリューションを提供しています。

本社

ドイツ
バート・シュタッフェルシュタイン

IBC SOLAR Energy GmbH

Am Hochgericht 10

96231 Bad Staffelstein

 ドイツ

 

電話:+49 9573 9224 502
Fax: +49 9573 9224 98510

日本

子会社
東京

IBCソーラー・プロージェクツ株式会社

107-0052 東京都港区赤坂2-22-24
泉赤坂ビル

 

電話:+81 3 6697 0780
Fax: +81 3 6697 0781

インド

子会社
ムンバイ&ニューデリー

IBC SOLAR Projects Pte. Ltd.
Mumbai Office
614, B-Wing, 215 Atrium,Andheri
(East), Mumbai- 400069, India

電話:+91 (0) 22-30771-490

 

New Delhi Office
Regus Rectangle, Level 4,
Rectangle 1,
Commercial Complex D -4,
Saket, New Delhi - 110017,
India

電話:+91 (0) 11-66544107

東南アジア

子会社
シンガポール

IBC SOLAR Energy Pte. Ltd. 
77 Robinson Road
34th Floor
Singapore 068896

 

電話:: +65 6809 2050

当社のアプローチ

世界共通の専門知識と現地のノウハウの結合

私たちは現在、日本、インド、フィリピン、及び他のアジア太平洋地域諸国などの国でプロジェクトを開発しています。IBCソーラーグループは、これらの地域において多くの専門分野にわたる,経験豊かで熱心なチームとともに子会社を設立しており、総合的なプロジェクトポートフォリオを作り上げています。

IBCソーラーグループからの資金面における全面的な支援と国際ネットワークの形成によって、私たちは持続可能で利益性の高い予算、かつ計画通りに運営できる太陽光発電所資産に関心のある投資家へ優れたワンストップ・ソリューションを提供しています。当社は、プロジェクト開発及びプロジェクト融資から、EPC及びその後の運転&保守に至るまで、バリューチェーン全体を通じて、一貫した最新式のターンキー・ソリューションをお客様へ提供しています。当社は、全世界で通用する専門性をもって、広範な国際ネットワークを通じて、能力と実績を組み合わせたプロジェクトの完成に全責任を負っています。

IBCソーラーエナジーの独自性は、当社が業務を展開しているさまざまな国の現地会社や重要な国際的パートナーとの長期にわたる強力な顧客中心の提携に支えられています。この強み、ならびに世界各地の太陽光発電プロジェクトにおける当社のコミットメント及びプロとしての経験によって、当社は太陽光発電所開発の分野における最も影響力がある企業の1つとなっております。

当社のビジョン

太陽光が当社のDNAです

新たな発電方法は、新たなエネルギーソリューションを必要とします。IBCソーラー社は、太陽光発電とエネルギー貯蔵に関するエネルギーソリューション及びサービスを提供する世界のトップ企業です。私たちは、分散型の、環境に優しい、信頼性の高い、手頃な価格で持続可能な発電システムに貢献することを誇りに思っています。

IBCソーラーエナジーは、進出した市場の総計で2018年末までに500 MW以上の太陽光プロジェクトパイプラインを開発することを目指しています。進出した各市場で当社は、太陽光発電所の稼動期間全体にわたるプラントの運営を把握しています。日本などの国では、当社は70 MWを超える太陽光プロジェクトを最終的な開発段階に漕ぎ着けており、一部のプラントはすでに建設中で、建設の準備が整ったプラントも多くあります。

IBCソーラーエナジーは、IBC SOLAR AG社が100%所有する子会社であり、長年にわたる長期持続可能性と全面的な財政支援に基づいたIBS SOLAR AG社の一貫した堅固なビジネスモデルを活用しています。当社の健全なバランスシートは、自己資本比率が+80%であり、第三者の監査人によって信用を担保されております。当社の卓越した信用、強み及び透明性は、独立したコンサルティング会社によって確認されています。

私たちは、多くの国で太陽光発電がすでに最も競争力のある発電源になっていると確信しています。一部の国では、これから数年後にこうした状況が実現すると予想されます。こうした状況は主に、太陽光エネルギーの開発を促進する政策、及び社会全体を通じて実現され、将来の利益を損なうことなく現在のニーズを満たすことができます。